スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂になる

ある日私が泣きながら砂を数えていると
老紳士が話しかけてきました。

ガラスのような綺麗な声で
老紳士は語ります。

そういえばなぜ私は泣いていたのだろうか
一面に敷き詰められた砂は
私の涙で湿り気を帯びて
まるで夜の街のよう

尚も老紳士は語り続ける

もう泣いていた理由などどうでもいい
涙で濡れた砂を集めて
私はお墓を作らないといけないの

さようなら
さようなら

ガラスは砕けて消えた
スポンサーサイト
12 | 2009/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
プロフィール

うたこ

Author:うたこ
こんにちは。
魔法の国の方からやってきました。
ステキな魔法のアイテムを
お分けします。

いらない?
いいのかい奥さん、
俺はつい最近

ついめーじ
ついめーじ
とけい
ファンタシースターポータブル2
うさぎなべ
お友達のページ見て私も飼いたくなった。 今は反省している

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。