スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルつけるの忘れてたよ

ある日男がパブで飲んでいるとある老人に一杯おごってくれと言われた
しぶしぶおごったものの、話してみるとこの老人面白い。
すっかり意気投合して何杯も飲む

そのうち(いつものことだが)深酔いした男は妻のグチを言い始めた。
すると老人、

「じつはこう見えてワシは魔術師でな。
 おまえさんにいいまじないをおしえてやろう」

と、いうと懐から紙切れをとりだし、何かを書き始めた。

「妻とすべてのしがらみから解放される呪文」
その下には意味不明な言葉が書かれている
男は信じないながらもこの老人に出会った記念にその「呪文」をもらうことにした

そんなやり取りをしているうち日付もかわってしまったので二人の宴会はお開きに
男は家路についた。


男が家につく
と既に家の灯りはすべて消えている。
いつものことなので特に気にせずに寝巻きに着替え
妻を起こさないようにベッドに入ろうとした。

そういえば・・・

男は老人に教わった「呪文」を思い出した。
この夫婦が結婚してから何十年になるだろう。
すでに関係は冷め切っていて必要なこと以外会話もない。
「妻とすべてのしがらみから解放される呪文」、
この古女房を片付けてくれる魔法か?
男は冗談半分で妻の耳元で呪文をつぶやいてから
自嘲的な笑みをうかべてベッドに潜り込んだ。

次の朝、
バターの焦げるいい香りが男を目覚めさせる。
朝食はスクランブルエッグかな?などと夢うつつに思うがふと我にかえる。
妻がここ数年、男に朝食を作ってやったことなどないのだ。
恐る恐るキッチンを見に行く男。そこに立っていたのは
笑顔で料理をする妻だった。

「あら、あなた。おはようございます」

男は思わず面食らった。何年ぶりだろうか、妻の笑顔を見たのは。
午前様の時は何時にもまして不機嫌な妻が笑顔で私に挨拶をする。
意味がわからない?私はなにかタブーを犯してしまったのか?
しばらくのあいだ、現実には数秒のことだろうが私は混乱した。
そして結論に達する。
そうか、あの「呪文」!老人は本物の魔術師だったのだ!

そうとしか思えなかった。

その後しばらくの間は本当に幸せだった。まるで新婚に戻ったかのようだ。
男は飲みに行くこともなくなり、仕事が終わるとすぐに帰宅した。
愛しい妻に会うために。


そんなある日の晩、妻が左目を押さえて座り込んでいる。
大丈夫かい?と男が尋ねるが
妻は目がいたくて、何か影のようなものが見えるけど
きっと疲れただけよ、というだけだった。

そして次の日、男が帰宅すると笑顔の妻がそこにいた。
しかしその目には眼帯をしている。
今日はお医者さんに行って来たのよ。と妻は微笑む。
医者はただの疲れ目と言っていたらしい。

次の夜、妻は目が痛いと泣き出した。薬があるとはいえ心配でならない。
そしてその日から目の痛みのせいか妻の笑顔はなくなってしまった。
男は決心した、私が妻を支えてかならず笑顔を取り戻そうと

次の日から妻を休ませ休暇をとり私が家事をすることにした。
妻の目はまだ痛むらしい。
最初に見えた影のようなものも次第に大きくなると言っていた。

しばらくたったある日男は夢を見た。
鬼の形相をした妻が何かつぶやいている。
塔が・・・塔が・・・

塔?なんのことだろうか?そう思った瞬間
妻はこちらに気づいて飛び掛ってきた。
手にはナイフを持っている。

「塔が、あなたを殺せっていうのよ!!」

そう叫びながら妻は私の左目めがけてナイフを振り下ろした。


はっとなって目を覚ます。なんだ夢か・・・
安堵のため息を漏す男の目に次に映ったものは
夢と同じ顔をした妻だった。
そして夢と同じようにナイフを今にも男の左目に振り下ろそうとしている。
私は反射的に妻を突き飛ばす。
左目に激痛を感じる。手で拭うと生暖かいものを感じた。
なおも男に襲い掛かる妻。
しばらく揉み合いになったが、10分の後に警官が男を救うまでの間。
どうやら近所の人が不審に思って通報してくれたらしい。
妻はなにやらつぶやきながら連行されていく。
そして男は病院で治療を受けることになった。

幸い男はまぶたを切っただけの軽症だった。
適切な治療を受け、警察から軽い質問を受けた。

翌朝、家に帰るとドアに紙切れが挟まっている。

「惜しかったのう、もうすこしで全てのしがらみから解放されたのに」

あの老人の字だ・・・!
恐怖を感じた男は紙切れを破り捨て家へ入る。
あの老人のせいでこんなことに!
男は怒りに震えながらいまだに痛む左目を押さえた。
そして思った



「ところでこの影はなんだろう?この塔のような影は・・・」

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

うたこ

Author:うたこ
こんにちは。
魔法の国の方からやってきました。
ステキな魔法のアイテムを
お分けします。

いらない?
いいのかい奥さん、
俺はつい最近

ついめーじ
ついめーじ
とけい
ファンタシースターポータブル2
うさぎなべ
お友達のページ見て私も飼いたくなった。 今は反省している

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。